永代供養とは」で永代供養のシステムを紹介しました。お墓や樹木葬を探していると「永代供養で安心」というキーワードを目にします。もはや「永代供養」は営業用語になっており、このシステムがついてます!っと謳い文句になっています。そのシステムを利用した永代供養墓のタイプを紹介します。

永代供養のタイプ

大きくは屋外型と屋内型があります。最近は屋内で、バリアフリー化で墓参しやすい施設環境を売りにしているところもあります。

個別墓型

従来の石のお墓に比べ少し小さめの墓石を建て、個別のカロートに収めます。区画に並んで建てられるため、従来のお墓に永代供養が付いたような形式です。

納骨堂(塔)

箱型の建物に納骨します。石版を設けたり、外観に、仏像や釈迦像、または宗教色のないモニュメントなどが建造されることもあります。お寺や霊園の敷地に建てて、建物内、または地下に遺骨を安置します。安置する期間は場所によって変わりますが、満期後、合祀型にするのが主流です。

ロッカー式、可動収納型などは屋内にあることが多く、個別に遺骨を納めるタイプのものもあります。

樹木葬

墓石の代わりに生きた樹木を墓標としたお墓となります。納骨には様々な方法があります。骨壷のまま設置されたカロートに納めるタイプもありますが、樹木葬を選ばれる方は、お骨をさらし木綿に包み自然に還る方法を選ばれる方が多いようです。

安置方法

個別型

個別にカロートが用意されていて、そこに骨壷ごと納めることになります。個別墓型などはこのタイプになります。

樹木葬などでも区画が整備され、他の方とお骨が混ざらない場合もこのタイプになりますが、土に還る葬法だと、土を通して共有しますが、個別納骨となっているところが多いです。

集合型

一つの場所に、個別の骨壷と場所によっては石碑を用意して安置します。個別に分かれているので改葬や分骨に対応できます。一つの建物を共有しているので全体でひとつのお墓ということになります。

合祀型

故人の遺骨を他の方と合わせて埋葬します。合同墓ともいわれ、遺骨を取り出すことはできません。

納骨方法

遺骨を骨壷から出して、土に還すか、遺骨は骨壷に入れたまま、骨壷ごと安置するかです。

土に還す場合、一つの場所に複数のお骨が合わさるので合葬となります。(骨壷のままひとつの納骨室に安置する場合にも合葬といいます。)合祀=ごうしと言う場合もあります。

骨壷のまま安置する場合は、多くの場合、期間を設けられていることがあり、期間が満期になると、骨壷から遺骨を取り出し合葬することになります。

33回忌が制限となることが多いですが、これは弔い上げを迎え、成仏するという仏教的な考えが反映しています。

博國屋からの永代供養のお墓紹介

博國屋では終章事業として、永代供養のお墓を紹介しています。どれも有名寺での樹木葬となりますので、廃寺の心配がなく安心できるお墓となっています。

下記リンクから公式のHPへと飛べますが簡単にご説明させて頂きます。

永代供養の自然葬 京都の樹木葬

永代供養期間

33年間 33年後は合祀墓に土となったお骨を移動し引き続き供養いたします。

埋葬可能人数

一区画 1~2霊
※東福寺荘厳院は代々利用の場合、3霊以上可能

費用

一人利用50万円~70万円 二人利用70万円~90万円

納骨方法

墓苑は杉苔(小隈笹)に覆われており、区画に分けられており、個別に納骨します。お骨を骨壷から出し、さらし木綿に包んだあと納骨されますので自然に還る葬法となります。

 

さらに詳しく知りたい方は京都の樹木葬公式HPから詳細をご覧ください。無料で永代供養のお墓樹木葬の資料をお送りさせて頂いております。

京都の樹木葬公式HP

京都の樹木葬HP